15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

うどんのカロリーは?ダイエットできる食べ方のコツ

うどんのカロリー

うどんのカロリーは生100gで270kcallと実はそば生100gで274kcalよりも低カロリーです。

うどんは糖質の塊なので低GI食品のそばよりも太ると思われるでしょう。

しかし15kg痩せた経験から脂質を増やすことでそばよりもやせることにも。

今回はうどんがダイエットに良い理由とやせる食べ方とダイエットに良いうどんと悪いうどん、うどんの糖質についてご紹介します。

 

うどんがダイエットに良い理由

うどんは実はそばよりも低カロリーなので、麺を少な目にして揚げ物をトッピングし、腹持ちを上げることができるからです。

実際に私は腹持ちを上げて他の食事や間食を減らし、一日のトータル摂取カロリーをセーブすることで15kgのダイエットに成功出来ました。

また実際にはそばよりもうどんの方が低カロリーなので脂質が多い揚げ物をトッピングしても比較的低カロリーに抑えられるのも利点です。(大手うどんチェーンでは気軽に揚げ物をトッピングできますしね。)

 

うどんのやせる食べ方

うどんは麺を半分ほどにして、高カロリーな天ぷらやかき揚げをトッピングした方が腹持ちが良くなるのでおすすめです。

太っていた頃はやせるために低カロリーなかけうどん(333kcal)で一食を乗り切ろうとしましたが、結局数時間後には空腹になり間食してしまいました。

その経験から天ぷらうどん(441kcal)のようなあえて高カロリーで高脂質な食事を選んだ方が空腹感を感じずに次の食事まで過ごすことが出来ることに気づきました。

 

ダイエットに良いうどんと悪いうどん

うどんのトッピングのカロリーと満足度の観点から比較した詳細は以下です。

  • 天ぷらうどん(441kcal)
    • カロリーもほどほどで腹持ちも良くオススメです。
  • たぬきうどん(394kcal)
    • 天かすの溶けたつゆを飲むことで、腹持ちが格段にあがりますが塩分には要注意です。
  • わかめうどん(336kcal)や山菜うどん(339kcal)
    • ヘルシーそうにみえるわかめうどんや山菜うどんは注意が必要です。
    • こういったメニューは満足度に欠けるので次の食事に反動が来てドカ食いし太る可能性があります。
  • きつねうどんとカレーうどん(516kcal)の比較
    • 同じカロリーですが、カレーうどんの方が脂質が高いので満足度が高くオススメです。

こういったようにカロリーさえ高ければ満足度が高いかといったら必ずしもそうではありませんので、ご自身で食べて確かめてみましょう。

 

うどんでダイエット向きのメニュー

うどんはトッピングでカロリーが大幅に変化し、腹持ちを上げることでやせるメニューに変化します。

よくうどんはダイエット向きではなく太るといいますが、それは糖質が多く消化が早いため腹持ちが悪いからです。

うどんをダイエット向きに変化させるためにはトッピングで腹持ちを上げれば良いだけのことです。

 

ちなみに「はなまるうどん」でのカロリーを参考に見てみましょう。

  • かけ(小)273kcal
  • かま玉(小)340kcal
  • 牛肉うどん(小)441kcal

この中で一番ダイエット向きなのは一番高カロリーで高脂質の「牛肉うどん(小)」です。

その点「牛肉うどん(小)」は牛肉なので満足度が高くなり、肉のおかげで腹持ちも良いです。

「かま玉(小)」は一見、たんぱく質もあり低カロリーに見えますが、玉子が柔らかいため腹持ちが悪いです。

この中では「牛肉うどん(小)」が断然、ダイエットにオススメのメニューになります。

 

うどんの糖質と実際の食べ方

うどんの糖質は100gあたり20.8gほどと言われています。

一食分に換算すると41.6gになるため、麺類を増やすよりも揚げ物を増やす方が腹持ちが良くなるのでおすすめです。

実際の私はうどんの麺の部分は半分程度に減らし、天ぷらやかき揚げと一緒に食べるようにして糖質をできるだけ抑えています。

 

最後に(うどんのダイエットに関するまとめ)

うどんはダイエットに悪く、太るという意見があります。

だからといってそばを食べていればやせるかといえば、NOと言えます。

 

基本的に太るのは一日の摂取カロリーをオーバーしているからなので、うどんであろうとそばであろうと腹持ちが良い食材を選ぶ方がよいです。

ですので、うどんに天ぷらをトッピングしても腹持ち良く一日が過ごせるのであれば、やせることも可能と言えるわけです。