15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

カフェオレのカロリーは高いが痩せる?糖質は?ダイエット中は脂質がポイント

カフェオレのカロリー

カフェオレのカロリーはカップ1杯(173g)あたり92kcalとなっています。

カフェオレは濃厚な牛乳を使っていることもあって、飲んだら太ると我慢してきました。

しかし、私は15kg痩せた経験をし、カフェオレはコツさえつかめばダイエットに使える飲み物だと言うことがわかりました。

今回はカフェオレがダイエットに使える理由や、私がやせた後の飲み方、飲みすぎのデメリットと解消法、カフェオレとカフェラテの違いなどについてご紹介します。

 

カフェオレがダイエットに使える理由

カフェオレは高カロリーですが牛乳で割られている分高脂質で腹持ちするからです。

例え飲み物であっても、腹持ちが良いと変な時間にお腹がすいて間食を食べ過ぎることはなくなります。

また飲みたいという欲求を抑え我慢すると、ストレスが溜まり反動的にドカ食いにつながりやすく健康的ではありません。

 

ダイエットに成功した私のカフェオレの飲み方は……

私はカフェオレの他に、大好物のカロリーが高い焼肉やトンカツを食べて、食べたいものを制限せずに15kgの体重を落とすことに成功しました。

この経験を踏まえて、カロリーが高いからとカフェオレを避けるようなことはしていません。

カフェでお茶する際に飲みたかったら飲みますし、一緒にミルフィーユやチョコレートケーキのような脂質の多いデザートを食べるようにしています。

アイスカフェオレにホイップやチョコソースなどをトッピングできる時には積極的に活用しています。

脂質が高いとお腹に溜まり食べごたえもあって満足できますよ。
 

カフェオレの飲み過ぎのデメリットに注意

ただ、カフェオレがダイエットに使えるからと、毎日大量に飲むのではカフェインの過剰摂取などに繋がり、あまり健康的ではありませんね。

また、糖分を多く含むカフェオレを飲みすぎては糖尿病などの病気を引き起こしかねません。健康的にやせるためには甘いものの摂取はほどほどが良いでしょう。

 

カフェオレを飲み過ぎる場合の改善方法

しかしいくらカフェオレが腹持ちするといっても1日に5杯も6杯も飲んでたらカフェインの過剰摂取もそうですが、カロリー・脂質・糖質の摂りすぎが気になりますよね。

私がブレイクタイムで砂糖たっぷりのカフェオレを飲むときに1杯でも満足できるように糖質の吸収を抑えてることで腹持ちが上がって、ついでに腸内環境を整えるといわれている機能性表示食品を飲んでいます。

メタバリアSはサラシア由来サラシノール(機能性関与成分)がカフェオレと一緒にミルフィーユを食べても、含まれている糖の吸収を抑えてくれるらしいです。

カフェオレとミルフィーユの組み合わせでも血糖値の上昇が緩やかなのか変な時間におなかが減らなくなり他の食事の量を減らせるので心も満足、おなかも満足♪になりました。

そして腸内環境を整えるといわれているのでたまにケーキだけの1食なんていう偏食をしても安心です。

メリットは小粒なので簡単に飲めて、1回分が50円程度なので毎食でも飲めることやにおいもきつくないのでストレスなく飲めること、デメリットは通販購入しかできないのでなくなった場合にすぐに購入できないことですね。

cafeore_S



メタバリアSと他サプリの比較記事を書きました。=>ダイエットで効率的に痩せたい人のために、効果が出たサプリメント体験談
また、カフェオレ+ミルフィーユなどの高脂質なお茶をした後にヘルシア緑茶を飲んだりします。

これは脂肪を代謝する力を高める効果ありますし、にがみが口と胃の中をさっぱりさせてくれます。

メリットはコンビニで簡単に手に入れられるのでガッツリな外食後にカフェオレとデザートなどを食べ過ぎた!と思ってもすぐに購入できることですね。

ただデメリットは1本あたり160円くらいすることやカフェオレを飲んだ後にまた飲むというのは少し胃がチャポチャポしちゃいますね。


 

カフェオレの糖質はどのくらい?

カフェオレに含まれる糖質は、カップ1杯(173g)中およそ12.6g程度です。

糖質制限ダイエットなどで糖質を気にされる場合は飲みすぎない程度で楽しむのが良いでしょう。

 

各社のカフェオレのカロリー比較

1個あたりのカロリー数値

  • ドトール ハニーカフェオレ Mサイズ 89kcal
  • ミスタードーナツ ミスドプレミアムカフェオレ(ペーパーカップ) 80kcal
  • カフェ・ド・クリエ カフェオレ Rサイズ 65kcal

 

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違いは?

カフェ・オ・レはフランス語で、カフェ・ラテはイタリア語の造語です。

ミルク(牛乳)という意味を持つ単語が使われている通り、どちらもコーヒーにミルク(牛乳)を混ぜたものですが、カフェオレはドリップコーヒーを使用し、カフェラテではエスプレッソを入れており、ミルクとコーヒーの比率も、カフェオレは5:5、カフェラテは2:8という違いがあります。

また、カプチーノはエスプレッソ3に対し、スチームミルク3、フォームミルク4の割合でミルクを加えて作られます。

 

カフェオレは腹持ちが良く間食が減らせる飲み物

カフェオレはカロリーが高い飲み物なのでダイエットには良くないと思われがちですが、私は腹持ちが良く、むしろダイエットに使えると思います。

一緒にデザートとして脂質の多く使われたショートケーキやガトーショコラなどを食べて高脂質にするのがお勧めです。

カフェオレを飲みたい時に飲むようにしてから、食事へのストレスや無駄な間食を減らせるようになりました。

高カロリー食品ダイエットは、食べられなくて辛い、というダイエットの概念を覆し、好きなものを食べながら楽しんで取り組めるものになります。