15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

(×_×)ハイボールのカロリーは低いが太る?ダイエット中の太らない飲み方

ハイボールのカロリー

ハイボールのカロリーは350mlの缶で171kcal、同量のビールは140kcalと実はビールよりも高カロリーなのです。

そんなハイボールは糖質制限の点でダイエット向きとされますが、気をつけなければ太る飲み物になってしまいます。

今回はハイボールが太る理由と飲む場合の工夫、おすすめのおつまみやハイボールの種類についてご紹介します。

 

ハイボールで太る理由

ハイボールは糖質制限(ウィスキーなどは蒸留酒で糖質がなくなるため)でダイエット向きといわれますが、カロリーを摂りすぎれば太るのは当然です。

またダイエットによいからという思い込みでたくさん飲みすぎる危険もあります。

基本的にハイボールが高カロリーな理由は、甘くするためのシロップやトニックウォーターで作ることが多い為です。

仮にダイエット中の飲み会であれば、低カロリーで腹にたまりやすいビール、もしくはウイスキーのロックの方がオススメです。

 

ハイボールを飲むときの工夫

もしも付き合いなどでお酒を飲まなければいけない場合は自分の好きなお酒を一杯選ぶ方が良いでしょう。

ただアルコールは食欲を増進してしまうばかりでなく、一緒に摂取した食べ物の消化を遅らせてしまいます。

そこで一杯分くらいのカロリーならば、会話やカラオケをしているときに消費されると考え、その後は自分の好きなおつまみを選び、付き合いを乗り切ると良いでしょう。

 

どうしてもハイボールを飲む場合の対処法

しかし中にはハイボールが大好きな人もいるかと思いますので我慢するのはつらいと思います。

甘味成分が太らせる原因なので、糖質ゼロのハイボールを選んで飲みましょう。

糖質がゼロなので、そのぶんカロリーが高いおつまみを食べましょう。

 

飲み会でハイボールを飲む前の救世主

ただウィスキーが糖質制限に向いているからといってもハイボールに使われている糖質類は無視できませんよね!

私が糖質制限ダイエット中、糖質が気になるのでハイボールに含まれる糖質類も見逃さずに極限まで糖質をブロックするためにサプリメントを飲むようにしています。

メタバリアSなら植物由来の機能性関与成分サラシア配合で糖の吸収をブロックするためか血糖値の上昇も緩やかになるようなので少しのおつまみでも満腹感が続くので満足して食べられます。

このサプリのメリットは小粒なので飲み会の席でもササッと簡単に飲めて1回あたり約50円程度なので毎食でも飲めること、デメリットは通販でしか売ってないので外出先でサクっと買えないことです。

highball_S



メタバリアSと他サプリの比較記事を書きました。=>ダイエットで効率的に痩せたい人のために、効果が出たサプリメント体験談
またハイボールを飲んだ飲み会の後には口や胃をさっぱりさせるために脂肪を代謝する力を高めるヘルシア緑茶も飲むこともあります。

高濃度茶カテキンの苦みがアルコールで口や胃が荒れていてもさっぱりしてなおかつ、脂肪を代謝してくれるので気に入っています。

このメリットはコンビニなどで24時間簡単に購入できること、デメリットはわざわざ1本あたり160円程度にもなるので毎食、飲んでいたら結構いい金額になってしまうことですねぇ。。

 

ハイボールの糖質

ハイボールの糖質量は甘くなっていないものでしたら0になります。

しかし要注意な点が、各社出ている缶ハイボールには糖質量が含まれているということです。

各社のハイボールの糖質量などを詳しく見てみましょう。

トリスハイボールの糖質

トリスハイボールは100mlあたり2.3gの炭水化物、0~1gの糖類が含まれているようです。

炭水化物量でいったら350mlにしたら8g、500mlだったら11.5gも含まれている計算になります。(ちなみにいちご100gあたりの炭水化物量は8.5g)

トリスハイボールに水溶性食物繊維がどれだけ含まれているか?という部分は公表されていないので、憶測でしか判断できませんが、やっぱり過信して飲み過ぎると糖質をかなり摂取しているという結果になりますね。

 

角ハイボールの糖質

角ハイボールは100mlあたり2.2gの炭水化物、0gの糖類という表示なっています。

やはりこれもトリスハイボールと同じでどれだけの水溶性食物繊維が含まれているか未知数なので、糖質がどれだけ含まれているか断言はできません。

 

宝酒造の焼酎ハイボール<ドライ>の糖質

宝酒造から販売されている焼酎ハイボール<ドライ>は炭水化物0g、脂質0g、糖類0g、プリン体0mgと、栄養成分的には全く含まれておりません。

ちなみに焼酎ハイボールのカロリーは100mlあたり42kcalですので350ml缶なら147kcal、500ml缶なら210kcalになります。

宝酒造からは様々なフレーバー(レモン、梅干割り、ブドウ割り、シークァーサー、ライム、グレープフルーツ、ジンジャー、ラムネ割り)のハイボールが出ていますが、どれもほとんど糖質が含まれていない&カロリーも42~44kcalなので計算がしやすいと思います。

 

ハイボールの脂質と糖質制限

ハイボールに含まれる脂質は0、つまり脂質は全く含まれていません。

ハイボールには炭水化物が少々(500ml中2g前後)含まれている程度で、栄養価はほとんど期待できないと言えるでしょう。

そのため、糖質制限中でも飲んで良いアルコールだと言えますね。

日本酒やワインなどを選ぶなら、ハイボールがおすすめです。

炭酸によってお腹がいっぱいになるので、満腹感も得られていいですよ。

 

ハイボールとビールを比較

ハイボールとビールのそれぞれの栄養価を比較してみます。

ハイボールは先程述べたように脂質、たんぱく質は両方とも0。炭水化物が1.2g前後(350ml中)だけです。

一方、ビールは350ml中たんぱく質が1g、炭水化物が11g、その他、ビタミンB群やマグネシウム、カリウムなどが特に豊富に含まれています。

カロリーはハイボールで171kcal、ビールが141kcalほどとビールの方が少なくなっていますね。

糖質制限ダイエット中に選ぶならやはりハイボールがおすすめでしょう。

 

おすすめのおつまみ

付き合いの場のおつまみは特にカロリー計算を疎かにしがちなので、しっかりとハイカロリーなものを少量、食べると計算もしやすいでしょう。

特におすすめなのは鶏の唐揚げやウィンナー、意外とピザなど味がしっかりしているものです。

 

おすすめできないおつまみ

逆におすすめできないおつまみはヘルシーそうとたくさん食べてしまうものやみんなで分けてカロリー計算がわかりづらいものです。

例えば枝豆やナッツ類、冷奴やサラダなど一見ヘルシーそうに見えるものはお勧めできません。

 

ハイボールの種類

市販のハイボールにはニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝からとった竹鶴というウィスキーを使ったハイボールやトリスハイボール、サントリー角瓶を使った角ハイボールなどがあります。

 

ハイボールのレシピ

ハイボールの材料はレモン1個、氷たくさん、ウィスキー適量、ソーダ適量です。

作り方はまずレモンを絞り、氷を山盛りにして器とウィスキーを冷やしておきます。

ウィスキー1:ソーダ4の割合でゆっくりとマドラーで混ぜれば完成(勢いよく混ぜると炭酸が抜けるので注意が必要)

ただ簡単に作れるからとたくさん飲みすぎると太るので気をつけましょう。

 

ハイボールの摂取量に注意

ハイボールは糖質制限ダイエットにおいて推奨されますが、ビールよりもカロリーがあるので飲みすぎれば太ります。

メディアでダイエットに良いという情報が流れるとすぐに飲めば飲むだけ良いと勘違いされる方がいますが、ダイエットの基本は摂取カロリーを抑えること。

同量のビールよりは太りにくいだけであることを気をつける必要があることを忘れないようにしてください。