15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

ミニトマト(1粒4カロリー)がオススメできない理由

ミニトマトのカロリー

ミニトマトのカロリーは小サイズで3kcal、中サイズで4kcal、大サイズで5kcalとそれほどカロリーに差がありません。

手軽に食べられ低カロリーなミニトマトですが、これだけで満足できないのでダイエットに不向きです。

今回はミニトマトがダイエット向きではない理由と満足度を上げる食べ方、ミニトマトの栄養についてご紹介します。

 

野菜であるミニトマトがダイエット向きではない理由

ミニトマトは手軽なので僕もよく利用しましたが、ミニトマト単体では満足度も腹持ちも低いためオススメできません。

ミニトマトのように腹持ちが悪いものを食べると、間食をしたくなったり、次の食事をどうしても多くしてしまい、1日の摂取カロリーが積もって、結果として太ります。

 

満足度を上げるミニトマトの食べ方

ミニトマトの満足度を上げる食べ方は、ミニトマトにオリーブオイルと塩をかける食べ方です。

カロリーアップするように感じますが、脂質が多い分満足度も腹持ちも上がるため少量のミニトマトで満足できるようになります。

 

またこのレシピをトースターで焼くと甘みが強くなり、チーズをかけて食べるととても美味しいのでオススメです。

カロリーは200kcal前後になると思いますが、普通にミニトマトを食べるよりも満足感が高いです。

 

ミニトマトとプチトマトの違い

ミニトマトとプチトマトの違いは英語とフランス語の違いで、同じ植物を指しています。

トマト>ミディアムトマト>ミニトマト(プチトマト)という大きさでの分け方があります。

 

ミニトマトの成分と栄養は?

ミニトマトには抗酸化作用のあるリコピン、脂肪燃焼効果があるリノール酸、カロテンなどを含みます。

また一般的なトマトよりもミニトマトの方が身が詰まっている分、カロリーも栄養価も高いとされています。

 

総括・ミニトマトは調味料を合わせて満足度を上げよう

手軽に食べられるミニトマトは単体では満足できないのでオススメできません。

もしもミニトマトを食べる場合はオリーブオイルをかけたり、チーズを乗せてトースターで焼いて食べましょう。

 

ミニトマトだけでは満腹になれないのであくまでも補助的な食品として扱うとダイエット生活にも長く取り入れることができます。