15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

ハーゲンダッツのカロリーと糖質は高いがやせる?ダイエットのコツ

ハーゲンダッツのカロリー

ハーゲンダッツのカロリーはミニカップのバニラ味で244kcalととても高いです。

ハーゲンダッツ_バニラ

ハーゲンダッツは高脂質・高糖質なアイスクリームなので食べれば太ると思われることでしょう。

しかし15kgやせた経験からハーゲンダッツのような高カロリーなアイスを取り入れるとダイエットに成功する効果があることに気付きました。

今回はハーゲンダッツがダイエットに向いている理由やハーゲンダッツの種類や2016年3月に発売中のすべてのカロリーについて調べてみました。

 

ハーゲンダッツがダイエットに良い理由

ハーゲンダッツのアイスは高カロリーで高脂質で腹持ちが抜群にいいからです。

同じようなカロリーのたい焼き(1個180kcal)を食べるよりも満足感が高まりますし、腹持ちが良いハーゲンダッツは余計な間食や食事の量を減らせる効果があります。

 

やせた後のハーゲンダッツの食べ方

私はあえて高カロリーなハーゲンダッツを選んで他の食事や間食を無理なく節制するという方法で15kgのダイエットに成功した経験から、私はハーゲンダッツを食べたいと思ったら、我慢せずに食べるようにしています。

実際にハーゲンダッツを食べたくなったら我慢せずに食べるようにすることで間食を無理なく節制することや食事の量を減らすことができたのでより高カロリーなハーゲンダッツを選んで積極的に腹持ちを良くしています。

 

ハーゲンダッツの糖質と実際の食べ方

ハーゲンダッツのミニカップバニラ味に含まれている糖質は19.9g、ストロベリー味は21.4g、クッキー&クリーム味は21.7g、グリーンティ味は21.6gです。

ハーゲンダッツのアイスの糖質はご飯1杯の糖質(55.2g)の半分以下なので、ハーゲンダッツを食べたいときには食事の時、ご飯の量を減らすか食べるのをやめるなどの工夫をして食べています。

 

ハーゲンダッツの種類

ハーゲンダッツアイスにはミニカップ、クリスピーサンド、クランチークランチ、マルチパック、パイントなどの種類があります。

形状によってダイエット中に適している種類や代表的な味のカロリーを記載してやせるか太るか、個人的な考えから比較検証してみます。

 

ミニカップのメリット、デメリット

ミニカップの形状のハーゲンダッツが一番ポピュラーな形状だと思います。

このアイスのメリットは様々な味が楽しめるといったところでしょう。

種類 カロリー
ミニカップ バニラ味(110ml) 244kcal
ストロベリー味(110ml) 236kcal
クッキー&クリーム味(110ml) 247kcal
グリーンティー味(110ml) 239kcal
マカデミアナッツ(110ml) 302kcal
レアチーズケーキ(110ml) 261kcal
チョコレートブラウニー(110ml) 273kcal
リッチカスタード味(110ml) 253kcal
バナナミルク味(110ml) 182kcal
シチリアレモンパイ味(110ml) 259kcal
パンプキン味(110ml) 239kcal
ラムレーズン味(110ml) 245kcal
キャラメルトリュフ味(110ml) 271kcal
ローズヒップ&ラズベリー味(110ml) 246kcal
ラベンダー&ブルーベリー味(110ml) 245kcal

ハーゲンダッツ_チョコレートブラウニー

ミニカップでしか、展開していない味が数多くあり、中でも、スプーンベジシリーズ(トマトチェリー味は216kcalで、キャロットオレンジ味は206kcal)などの期間限定の味はいつも話題になりますよね。

メリットは満足してこれ以上いらないかなと思ったときにフタを閉められることです。

デメリットはあえて挙げるとすれば、下記に述べるクリスピーサンドとクランチークランチに比べ食べ応えがないので、飽きがくる可能性があります。

 

クリスピーサンドのメリット、デメリット

クリスピーサンドはアイスをビスケット上のコーンがはさんでいます。

クリスピーサンドのメリットはアイスがチョコレートコーティングされているのでミニカップよりも色々な食感が味わえます。

コーンの歯触りやチョコレートのパリパリ感は食べていて満足感を得られます。

種類 カロリー
クリスピーサンド キャラメルクラシック味(60ml) 252kcal
マロングラッセ味(60ml) 250kcal
ショコラベリー味(60ml) 250kcal
タヒチバニラ味(60ml) 249kcal

クリスピーサンド_キャラメルクラシック味

デメリットは他のアイスと比べて、アイスの容量が少ない代わりにチョコレートがコーティングされていますが、物足りなさがあるかもしれません。

 

クランチークランチのメリット、デメリット

クランチークランチはバータイプのアイスクリームです。

アイスがチョコレートコーティングされ、そのチョコレートの中にナッツやコーンフレークなどが散りばめられています。

ザクザクとした食感で食べ応えたっぷりです。

種類 カロリー
クランチ―クランチ バニラチョコレートアーモンド味(80ml) 268kcal
マカデミアバタースカッチ味(80ml) 294kcal
抹茶クランブル味(80ml) 266kcal

クランチ―クランチ_マカデミアバタースカッチ味

しかし、デメリットはバータイプのアイスなので、溶けると取り返しの付かないことになってしまうので早く食べてしまわなければいけないことでしょう。(途中で保存が難しいということ。)

 

ミニカップマルチパック6個入りのメリット、デメリット

ミニカップマルチパックは75ml入りのミニカップタイプのアイスが6個入りになったものです。

このマルチパックは3種類の味が楽しめます。そして、ミニカップよりも少量なカップなので、ダイエット中でカロリーが気になる方にも安心して食べていただけるのが強みです。

種類 カロリー
ミニカップマルチパック6個入り
ラバーズコレクション
バニラ味(75ml) 167kcal
ストロベリー味(75ml) 161kcal
クッキー&クリーム味(75ml) 167kcal
ミニカップマルチパック6個入り
クラシックコレクション
バニラ味(75ml) 167kcal
ラムレーズン味(75ml) 168kcal
グリーンティー味(75ml) 163kcal
ミニカップマルチパック6個入り
デザートセレクション
キャラメルタルト味(75ml) 181kcal
チェリーミルク味(75ml) 165kcal
ショコラ味(75ml) 180kcal

しかし、やはり少量のカップなので、満足感を得るには役不足ですし、一気に6個も手元にアイスが来るのでドカ食いをしかねません。。。

 

パイントのメリット、デメリット

パイントとは、大容量のアイスパッケージのことです。

通常、一人でアイスを食べる場合はなかなか購入することがありませんが、比較対象として今回はご紹介します。

パイントにはハーゲンダッツアイスクリームのミニカップで人気のあるフレーバーが取り扱われています。

種類 カロリー
パイント バニラ味(473ml) 1059kcal
クッキー&クリーム味(473ml) 1059kcal
ストロベリー味(473ml) 1022kcal
ラムレーズン味(473ml) 1065kcal
グリーンティー味(473ml) 1036kcal

大容量なだけあってカロリーはかなり高いです。

少しずつ食べられる方ならば、買っておいても問題ありませんが、一気に食べてしまうというマルチパックと同じ問題点があります。

 

ハーゲンダッツの食べ過ぎによる弊害について

ハーゲンダッツの食べ過ぎはズバリ、糖質過剰です。

肥満やメタボなどダイエットの敵となるだけでなく、砂糖など血糖値を上げやすい糖質が豊富なので健康によくありません。

1日に食べる量としてミニカップ1個までなら、誰でも安心して食べることができるでしょう。パイント1個を食べてしまうのは食べ過ぎなので残すようにしてみてください。

妊娠中や授乳中であってもハーゲンダッツばかり食べるのは、冷えや妊娠糖尿病の可能性を高めるのでおすすめできません。

子どもはミニカップ1個までにするように徹底してあげたいですね。

 

最後に(ハーゲンダッツのダイエットに関するまとめ)

今回はハーゲンダッツのカロリーを中心にハーゲンダッツアイスクリームの形状によってメリット、デメリットがあることをご紹介しました。

ハーゲンダッツアイスを食べることは決して悪ではありませんし、むしろ他のカロリーの低いものよりも腹持ちが高いのでおススメです。

一日の中のカロリーを考えて、その範囲内での摂取カロリーであったら食べても全く問題ありません。ダイエットをしていてもただ闇雲に摂取カロリーを減らすことを考えるのではなく、自分の満足感を得られるアイスを探し出し食べることで幸せになれるようなアイスを食べることをオススメします。