15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

ツムラ62の効果まとめ!実際の体験談とダイエット記録大公開!

ダイエットに効果的と噂の漢方薬・防風通聖散。一方で、防風通聖散がどのようにアプローチしてダイエット成功を導くのか、また防風通聖散の具合的な期待効果を知りたい!と思う人も少なくないはずです。

そこで今回は、私が11kgのダイエットに成功したツムラ62の期待効果や体験談についてまとめてみました。

 

 

ツムラ62の期待効果「むくみと便秘の解消」

ツムラ62には、体の熱毒をとりながら便を排出する働きがあります。

防風通聖散に含まれる黄芩(オウゴン)や山梔子(サンシシ)、滑石(カッセキ)などの生薬には熱を冷まし、便通を良くする作用があります。

また、便通がよくなるだけではなく、利尿作用があるのも特徴です。利尿作用によって体内の不要な水分を排出させると、むくみの改善にもつながります。

実は、私がツムラ62を使用し始めたきっかけは便秘症の体質改善を目的でした。効果を実感したのは、ツムラ62を飲み始めて3~4日のことでしょうか。便通が良くなってきたのです。

その後も1年間ツムラ62を飲み続けましたが、その間は常に快便です。また、現在に至るまで便秘で苦しむことは無いので、便秘症の体質改善は出来たと感じています。
 

 

ツムラ62の期待効果「肥満症の改善」

ツムラ62には、脂肪細胞を活性化させて消費エネルギーを上昇させる働きがあります。これは薬理作用試験でも実証されているもので、研究では1日当たりの消費カロリーが増加したことも確認されています。

わかりやすく言えば、脂肪の燃えやすい体を作ってくれることにより肥満症の改善が期待できる、ということになりますね。

私の場合ですと、ツムラ62を飲み始めてから2週間程で2キロくらい痩せました。その後も月に2~3キロのペースで痩せていき、痩せやすい体質になったことを実感しました。

また、専門機関で計測してもらったところ、基礎代謝が上がったこともわかっています。体重はもちろん、基礎代謝が数値に現れると、改めてダイエットに成功したと実感できますよ。おかげでリバウンドなく10年間過ごせています。
 

 

ツムラ62の期待効果「高血圧に伴う諸症状」

ツムラ62のパッケージには「高血圧に伴う動悸・肩こり・のぼせ」に関する期待効果が記載されています。これは、ツムラ62に使用されている芍薬(シャクヤク)や当帰(トウキ)などに血行を良くする作用があるためです。

ツムラ62はもちろん、漢方薬には直接血圧を下げる働きはないのですが、体全体のバランスを整えることで不快な症状を抑え、高血圧を防ぐ働きを持っています。

私の場合、ダイエットを始めた時は20代前半ということもあり、太っていたものの高血圧症というわけではありませんでした。高血圧に伴う諸症状について実感できたわけではありませんが、現在も血圧は正常範囲内です。
もしかすると、防風通聖散のおかげ…?効果のほどはわかりませんが健康に暮らしています。
 

 

ツムラ62を飲んで実感できたその他の効果

ツムラ62を飲み始めて感じた効果は、ニキビの減少です。それまでは常にどこかしらにニキビがあったのですが、飲み始めて半年くらいから周りの人から肌が綺麗になったねと言われるようになりました。

これは、便通が良くなることでニキビの原因となる老廃物が排出できたためだと考えられます。お腹に溜まった便の老廃物は腸管壁に吸収されるので、老廃物を含んだ血液が循環してニキビを引き起こします。

防風通聖散はニキビに対する直接の作用があるわけではないものの、私の場合はダイエットに成功してからも特に肌トラブルに悩まされることなく過ごせています。
 

 

ツムラ62は食前と食後どちらが効果的?

私の場合、ツムラ62は常に食前に飲んでいました。これは処方されるときの説明にあったため、きちんと守っていただけです。

食前なのか、また食後なのか飲み方の違いについては試したことが無いのでわかりません。しかしながら、説明では漢方は消化吸収の順番が大切なので空腹時に飲まないときちんと吸収されないので効果が半減しますよと言われたことを覚えています。

他では飲み忘れということはありましたが、1回飲み忘れたくらいでは急に翌日から便秘になるということはありませんでした。
 

 

ツムラ62の期待効果はすごかった!

今回はツムラ62に期待できる効果を紹介しましたが、ダイエットや健康面のみならず、美容面(ニキビの減少)にも効果を実感することができたので、興味のある人は一度試していただきたいです。

ただし、便秘体質ではない人など防風通聖散が合わない人も必ずいるはずです。ツムラ62を始める際は、専門家の方とよく相談の上で決めると良いでしょう。