15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

コッコアポEX錠の飲み方は食前に4錠!飲み忘れ防止策は?

コッコアポEX錠の飲み方次第で痩せるって本当?

50代後半にもなれば、ちょっと油断するとあっと言う間に3,4キロはすぐに増えてしまいます。検診のたびにメタボ判定をされ、仕方なくダイエット。何とか痩せるもまたすぐに増量ということをここ数年繰り返しています。そんな時、友人から「コッコアポEX錠飲んでみたら痩せたけど」と言われたのがきっかけで飲み始めました。

 

コッコアポEX錠の飲み方は簡単だけれど食前を続けるのは難しい

 

コッコアポEX錠には「1回4錠、1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用」と書かれてありますが、1日3回食前又は食間というのが私にとっては大問題です。はっきりいって、忘れてしまいます。わが家では子どもはすでに独立しているため、夫婦ふたりきりの生活です。しかも、仕事を抱えているので、なるべく食事の用意は簡単に作って疲れないようにしています。ですが、どうしても料理をしているとバタバタ状態になり、作り終わればさあ、食べましょう、食べ終わると「あー、また、飲み忘れちゃった…」という繰り返しになります。

 

コッコアポEX錠の飲み方を自分なりに工夫したけれど…

そこで曜日ごとにわかれているピルケースを100均で買ってきました。これでしっかり飲むぞ!という気分になるのですが、まずそこそこデカいので、外出すれば決まって忘れます。飲み忘れないようにと食卓に置きますが、なぜか目の前に置いてあるのに食べることに夢中でまったく目に入らずまた忘れてしまいます。ということで、きちんと飲めるのが1日2回、ひどいときは1回です。これでは効果も望めませんよね。

コッコアポEX錠の飲み方を工夫して「また、飲み忘れちゃった…」なしに!

なので、あきらめました。飲まないといけない!という気持ちになるとイライラしてしまうので、飲める時に飲むというスタイルにしました。決して無理して飲まないけれど、できるだけ便秘解消のために飲むと自分自身に言い聞かせました。まず、朝は起きてすぐ飲むことにしました。これで飲み忘れなく飲めるようになりました。忙しい昼は一番忘れがちです。台所に置いたり、食事用のテーブルに置いたりしましたが、いまいちなので、仕事をしている机に置きました。食事を作るために机を立った時に飲むようにしています。それでも時々忘れてしまいますが…。夕食前も忘れがちです。買い物に行ってすぐに夕食の準備を始めるのですが、バタバタして帰ってくるとコッコアポEX錠のことなどすっかり忘れています。そこで買い物に行く前に飲むようにしました。ただ、買い物がない日は生活に区切りがなく、なかなか飲むタイミングが見つかりません。

コッコアポEX錠の効果的な飲み方は続けること

私の長年の悩みは便秘です。テレビで良いと言われたものは下剤、お茶、ヨーグルトなど、何でも試してみましたが、なかなか効果が見られずに途中であきらめてしまいます。特に冬は水分不足になるせいか、便秘もひどくなり困りもの。
しばらくすると変化が出てきたんです。コッコアポEX錠を飲み始めてから2週間程度だったでしょうか。最初は頻尿から始まり、徐々に効果が出てきたという感じです。コッコアポEX錠が漢方だからでしょうか。即効性は見られませんが、ジワジワと効いてきている感じを実感しています。

コッコアポEX錠の飲み方次第で痩せてくる

コッコアポEX錠のひと粒の大きさは1cm弱です。極普通の大きさの粒なので特に大きくもなく小さくもないという感じです。意外と飲むものはひと粒の大きさも大事ですよね。大きすぎると飲みにくいし、逆に小さすぎて個数が多いと、面倒でもっと大きくしてくれと思ってしまいます。もちろん、コッコアポEX錠は漢方ですから漢方独特のニオイはしますが、コーティングしてあるのでニオイも気にならずとっても飲みやすいです。

 

また、なかなかいないと思いますが、じつは私は粒錠のものを飲み込むのがすごく下手です。コッコアポEX錠は1回4粒なので、一粒ずつ水でゴクンと流し込んでいるのですが、この時、けっこう水を飲むせいか、飲むと胃がチャポチャポになってしまい、お腹がいっぱいになってしまいます。そのためでしょうか、食べる量が少なくなりました。ただ、すぐにお腹が空くので、前よりも間食が増えてしまっているようです。以前と同じように甘い物を大量に食べるとまずいと思い、間食はりんごをメインに取り入れ、ご褒美として甘い物を取るようにしました。

コッコアポEX錠の飲み方を自然とルーティン化しよう

コッコアポEX錠を飲むようになって不思議なくらい自然の便意を感じるので、感動しています。腹痛もなく毎日スムーズな排便があるのは、長年便秘に悩む私にとってはとても幸せなことです。できれば毎朝出るようになるといいなと思いながらしばらく続けてみようと思っています。