15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

防風通聖散で下痢!もしかして副作用!?

 

防風通聖散を飲んだら下痢になる!?その理由を知れば怖くない

防風通聖散は便秘解消によく効く漢方です。
しかし、便秘解消を通り越して下痢になってしまうこともあります。
防風通聖散で下痢になる理由と対処法を知れば、怖くありません。

 

防風通聖散が便秘に効く理由

防風通聖散には18種類の生薬が配合されています。
その中で便秘に効果があるのが、
・芍薬(シャクヤク)
・大黄(ダイオウ)
の2種類です。

 

防風通聖散の芍薬(シャクヤク)の効果

芍薬は腸に対して効果を発揮し血液の流れを良くする働きがある生薬です。
腸が痙攣するタイプのストレス・緊張型の便秘に効果を発揮し便秘の解消を図ってくれます。
ただし体質が合わない場合は悪い方に効果を発揮してしまい腹痛・下痢の原因になることもあります。

 

防風通聖散の大黄(ダイオウ)の効果

こちらは排便を促す効果が強く下剤・便秘解消の薬に広く用いられています。
下剤作用や消炎作用、胃を健康に保つ作用や駆瘀血(くおけつ)の作用などを持っており、防風通聖散で下痢をするのは大黄が原因である事が多いです。
腸内細菌が多い人が大黄が入った防風通聖散を飲むと下痢をしてしまう事が多くなります。

 

防風通聖散で下痢になる理由

1、便秘ぎみじゃない
防風通聖散は強い排便作用があるため、便秘ぎみではない人が服用すると下痢になってしまうことがあります。
2、胃腸が弱い
防風通聖散は「実証」に効果があるため、胃腸が弱い「虚証」の人には体質的に合わず、下痢になることがあります。
3、体調が悪い
風邪気味、疲れている、だるいなど感じているときに防風通聖散を飲むと下痢になることがありますが、一過性のものなので心配ありません。

 

「虚証」の人が防風通聖散を飲むと?

「虚証」とは、体力・気力が衰え、顔色も悪く、疲れやすく、脈も弱々しい状態の人のことを指します。
また、胃腸も弱いため、防風通聖散の効果よりも副作用の方が強く出てしまい下痢だけでなく、疲れやすい、だるい、黄疸などの肝機能障害が起こることがあるため、下痢が続くようならばすぐに使用を中止してください。
肝機能障害には肝炎や肝硬変もあるので、服用には注意が必要です。

 

防風通聖散の下痢は好転反応?

「実証」タイプで便秘ぎみで体調にも問題ないのに防風通聖散を飲んで下痢になるのは、好転反応かもしれません。
上記で説明したとおり、防風通聖散には下剤の効果がある生薬が含まれています。
市販品の下剤よりは効果は低いですが、初めて飲む身体には下剤の作用が強く出ます。
しかし、防風通聖散の作用が身体の中で落ち着いてくると下痢も治まってきます。
つまり防風通聖散の効果が現れているということです。

 

防風通聖散で下痢になってしまったら

防風通聖散で下痢になってしまう現象は飲み始めたころにはよくあることです。
1週間ほどすれば落ち着いてきますが、それでも下痢が辛いときは1日3回服用していたのを1日2回に減らすなどして様子を見てください。
下痢が治まったら3回に増やしてください。

 

防風通聖散で危険な下痢

防風通聖散を飲んで下痢になった場合、1週間ほどで落ち着いてくると言われていますが、もし1週間経っても下痢が止まらない、ひどい腹痛を伴う下痢、吐き気を伴う下痢などの場合はただちに使用を中止してください。
漢方は副作用が少ないと言われていますが、多少なりとも副作用はあります。
そして人によっては重症化することもあります。
防風通聖散を服用していて身体に異変を感じたら、すぐに医師の診察を受けてください。