15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

とんかつマックバーガーのカロリーは?ダイエット中の食べ方

とんかつマックバーガーのカロリー

マクドナルドのとんかつマックバーガーのカロリーは、1個あたり414kcalとマクドナルドのハンバーガーの中では低カロリーです。

期間限定発売だったとんかつマックバーガーですが、パティの代わりにとんかつが挟まりキャベツとソースがかかって香ばしい味わいで人気がありました。

ただし、とんかつマックバーガーが低カロリーだからと思ってダイエット中に食べるには注意が必要なんです。

今回は、とんかつマックバーガーを食べて太った理由、やせた後の食べる方法、ダイエット中におすすめできるマクドナルドメニュー、お勧めできないメニューについてまとめてご紹介していきます。

 

とんかつマックバーガーを食べて太った理由

とんかつマックバーガーは見かけによらず低カロリーなので、腹持ちが悪く別なものを食べすぎてしまったからです。

がっつりとボリュームの重たいイメージがあるとんかつが入ったハンバーガーなだけに、食べごたえを期待して食べていたのですが、思いの外カロリーが低く食べてもすぐにお腹が空いていました。

結果、とんかつマックバーガーだけでは満足感を得られずに間食や食事の回数が増えて、食べすぎてしまったのです。

ダイエット中でもとんかつ&マクドナルドが食べられる、と油断したのが逆効果になってしまい残念な思いをしましたね。

 

やせた後のとんかつマックバーガーの食べ方

私は、あえて高カロリーな唐揚げやステーキといった料理を食べることで、15kgのダイエットに成功した経験があります。

その体験から言うと、ダイエットのために低カロリーだからととんかつマックバーガーを食べることはおすすめできません。

むしろ、マクドナルドでいったらビッグマックやクォーターパウンダーといった高カロリーなメニューを選ぶ方が、腹持ちがよくなって余計な食事をせずに済みますよ。

もしどうしてもとんかつマックバーガー食べるときには、サイドメニューのポテトやドリンクのマックシェイクなどを追加して、お腹にたまるような食べ方をしますね。

このように脂質が多いものと合わせることでとんかつマックバーガーの腹持ちがよくなる上、しっかりと食べられたという満足感も得られるのでおすすめです。

 

ダイエットにおすすめのマックのメニュー

ダイエット中にマックで食べるとしたら何が良いのか、おすすめのメニューをまとめました。

(カロリーは1個あたり)

ビッグマック 530kcal

クォーターパウンダー・チーズ 552kcal

ダブルクォーターパウンダー・チーズ 828kcal

てりやきチキンフィレオ 519kcal

メガマック 736kcal

マックグリドルソーセージエッグ 550kcal

メガマックグリドル 756kcal

こうした高カロリーなメニューはダイエット中には避ける人が多いのですが、実は腹持ちがよく間食予防になるのです。

また、カロリーが高いものもダイエット中に食べられるとなると、ストレス解消にもなりますよね。

 

マクドナルドでお勧めできないメニュー

逆にダイエット中にはお勧めできないマックのメニューは次のようになります。

(カロリーは1個あたり)

ハンバーガー 260kal

チーズバーガー 310kcal

チキンフィレオ 458kcal

えびフィレオ 391kcal

エッグチーズバーガー 390kcal

ベーコンレタスバーガー 399kcal

チキンクリスプ 358kcal

低カロリーでダイエット中でも安心、と思われるこれらのメニューですが、サクサクと食べられる分満足感があまり得られません。

そして、すぐにまた何か食べてしまって食べ過ぎに繋がってしまうのです。

 

とんかつマックバーガーのカロリーとダイエットについて

とんかつマックバーガーは、とんかつが入っていながらも低カロリーで腹持ちが悪いのでダイエット中に食べるにはおすすめできません。

食べるなら、代わりにビッグマックなど高カロリーなメニューを選ぶか、サイドメニューのポテトやドリンクのマックシェイクを追加して腹持ちをあげるようにしましょう。

そうすると、余計な食事を減らせるようになりますし、満足感も得られます。

とんかつマックバーガーは期間限定の人気メニューだったので、もし復活することがあればこのような食べ方をすればダイエット中でも楽しめますね。

私が無理なく痩せられた高カロリー食品ダイエットなら、食べたいものを我慢することなく取り組めます。

あなたがダイエットで悩んでいるのなら、一度は試してみてはいかがでしょうか。