15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

カツ丼はカロリーは高いがやせる?ダイエットに効果的な理由

カツ丼のカロリー

カツ丼は揚げ物のカツがご飯に乗っているというだけで、糖質と脂質の塊でダイエットの敵というイメージが強いのではないでしょうか。

そんなカツ丼のカロリーは1人前(397g)で795kcalと非常に高カロリーです。

このようにカツ丼は高カロリーなのでダイエット中には極力避けるようにして、代わりにマグロ丼などカロリーの低いものを食べてしのいでいました。

しかし淡白な味に満足できず、そのストレスによるドカ食いでリバウンドしてしまった経験があります。

そこで今回は、カツ丼がダイエットに使える理由と、私がやせた後のカツ丼の食べ方、食べ過ぎに対する対策などについてご紹介します。

 

カツ丼がダイエットに使える理由

カツ丼は高脂質で高カロリーなので腹持ちが良く、余計な間食や食べ過ぎを防ぐことができるからです。

いくら低カロリーなものを食べていても、それでは腹持ちが悪く、満足するまでにはかなりの量を食べることになります。

そして食べ過ぎてしまう結果に終わるので、低カロリー食品で必ずダイエットできるということでもありません。

そういった視点から言えば、食べた後満足感のあるカツ丼はダイエットに効果的な食べ物と言えます。

 

カツ丼のやせた後の食べ方

私は、高カロリーの代表ともいえるカツ丼や牛丼を食べて、腹もちを良くさせています。そうすることで間食や食べ過ぎをなくした結果15キロの減量に成功することができました。

この経験から、食べたいときにもカロリーが高いという理由でカツ丼を我慢してしまうのはダイエット方法としてお勧めできないということです。

代わりに低カロリーなマグロ丼や玉子丼などを食べても腹持ちが悪く、他のものも食べて満たそうと食べ過ぎることになります。

ですので食べたい高カロリーなカツ丼は食べるようにしています。

また、この食べ方はストレスが溜まることなく間食の節制もできる方法です。

 

カツ丼の食べ過ぎのデメリットと解消法

ただ、いくら腹持ちが良いといっても、毎回外食のランチにカツ丼を食べるなど頻繁に食べれば太るのは当たり前です。

外食チェーン店などのカツ丼は、過剰に取るべきではない添加物がたっぷり入っています。

つね日頃から食べていると体に異変をきたすことがあるので、食べるなら家で調理したほうが体には良いです。

オリーブオイルなどの体に良い油を使って、カツを多めに白米は少なめに食べましょう。

 

カツ丼の糖質は?

カツ丼1人前(397g)に含まれる糖質の量は105.8gほどとなります。

これは丼ものに入っている多めのご飯からきています。

糖質制限ダイエットに取り組む方など糖質を気にされる方は、ご飯を少なめにするなどの工夫で糖質の調整をお勧めします。

 

カツ丼の人気店メニューとカロリー

  • 新潟カツ丼タレカツ タレカツ丼 1人前 1001kcal
  • かつや カツ丼(梅ロース1枚)  1個 855kcal
  • なか卯 カツ丼 1人前 788kcal

 

カツ丼でムリなくダイエットできる!

カツ丼は高カロリーなためダイエットに向かないと思われがちですが、私は逆にカツ丼は腹持ちが良くダイエットに向いている食事だと思います。

実際のところ、食べたいときにカツ丼を我慢せずに食べるようにしてから食事へのストレスが減り無駄な間食がなくなりました。

食べたいものを食べながら無理なく減量に取り組むことができるのが高カロリー食品ダイエットのメリットです。

あなたもぜひ高カロリー食品ダイエットを試されてみてはいかがでしょうか。