15kgダイエットに成功した社長のブログ
トップ管理人について10キロ痩せたい方へ

トマトのカロリーは低いが太る。ダイエット中は食べ過ぎ厳禁

トマトのカロリー

トマトはくし切り1個で4kcal、中サイズ1個で40kcalと大変低カロリーな野菜です。

トマトには抗酸化作用のあるリコピンや脂肪を分解してくれる脂肪酸が含まれ、トマトダイエットにいいとされています。

しかし、15kg痩せた経験上、気を付けて食べなければダイエットに失敗してしまう可能性があります。

今回はトマトが太る理由とトマトの糖質、トマトの食べ過ぎについてご紹介します。

 

トマトが太る理由

トマトはヘルシーそうという思い込みで食べ過ぎてしまっても水分量が多く腹持ちが悪いからです。

腹持ちが悪いと次の食事や間食が自然と増えてしまって、気づいた時には高カロリーなものを選んでいるときよりも太ってしまいました。

必ずやせていると確信していたのに太ってしまうと半端ない衝撃が残ります。

 

トマトのやせた後の食べ方

私はあえてトマトを使うならミートソースやピザのような高カロリー食品を選び、他の食事や間食を無理なく節制する方法で15kgのダイエットに成功しました。

その経験からトマトを食べる場合はあえて高カロリーなマヨネーズやチーズ、あるいはオリーブオイルをのせて食べた方が腹持ちが上がって少量でも満足できるようになるということです。

少量で満足できるとトータル摂取カロリーが抑えることが出来て、結果的にやせることにつながったのかもしれません。

 

トマトの糖質

トマトには100gあたり3.7gの糖質が含まれていて少なく感じるかもしれません。

しかし、トマトの100gの水分量は94gなので、水分の次に多い成分が糖質と言っても過言ではないでしょう。

水分と糖質でできたトマトが腹持ちが悪いなんて当たり前のことですよね。

 

また、トマトは低GI食品と言われ、GI値が30ととても低い数値です。

これは血糖値の上昇や下降がゆるやかであるというだけで食べ過ぎれば太ることをお忘れなく。

 

どうしてもトマトを食べる時の対処方法

しかしトマトはさっぱりと食べるのが好き、砂糖をかけて食べるトマトが一番!と思っている方もいますよね。

私が工夫してトマトを食べることができないときは糖と脂質の吸収をブロックして排出を促進するといわれているサプリメントのメタバリアを飲んでいます。

植物由来のサラシア配合(サラシノール)で糖と脂質の吸収をブロックしてくれるそうなのでチーズとトマトやトマトに砂糖といった食べ方でも安心ですし、血糖値の上昇を抑えられるためかトマト1個を間食に食べるとお腹があまり減らなくなってた気がします。

tomato



メタバリアと他サプリの比較記事を書きました。=>ダイエットで効率的に痩せたい人のために、効果が出たサプリメント体験談
 

それかトマトのさっぱりした食事と一緒にヘルシア緑茶という脂肪の代謝を促進させるといわれている飲み物を飲んでいますね。

効果の元である高濃度茶カテキンの苦みがトマトのさっぱりとの相性も良いので暑い夏にもピッタリです。

メリットは、スーパーなどでトマトと一緒に買えることですが、デメリットは1本あたり160円以上なのでトマトとお茶という組み合わせだけで300円以上してしまうことですね。


 

トマトの食べ過ぎ

トマトは本来、夏野菜なので食べ過ぎると体を冷やす性質があります。

その冷やす効果がお腹に来ると下痢になる可能性があるのです。

下痢になりやすい人は、冬場はトマトを極力食べないようにするなどの対策が必要になりますね。

 

また下痢と真逆になりますが、トマトを食べると便秘が解消されるという人もいます。

これは冷えによる可能性もありますが、それとは別にペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれていることも関係しているでしょう。

ただ、便秘解消方法は人によってまったく違うので、自分に合った解消法を見つけられると良いですね。

 

加工品のカロリー

ちなみにトマトジュースは200mlで34kcal、トマト鍋は一人前282kcal、トマトリゾットは316kcal、トマトのクリームパスタは592kcalです。

どれも低カロリーに感じますが、食べ過ぎれば太るのは当然なので注意しましょう。

 

トマトの成分と栄養は?

トマトの成分のリコピンが強い抗酸化力を持ち、悪玉コレステロールを抑制し動脈硬化を予防するといわれています。

栄養価はビタミンE,B6,B1,K,Aなどが含まれ、ミネラルもカリウム,銅などが含まれています。

 

トマトで高血圧予防

トマトにはカリウムが豊富に含まれているため、塩分を排出してくれる作用があります。

ただ、トマトばかりを食べ続けるのは無理があるので高血圧予防としてトマトジュースが勧められています。

しかし、トマトジュースには塩分を添加したものもあるので、高血圧予防のために飲んでいたのに、塩分のせいで逆に血圧が上がった!なんていう事態にならないように気を付けましょう。

 

総括:トマトのカロリーとダイエット方法に関するまとめ

トマトには太る要素が2つ、ヘルシーだからとたくさん食べてしまう可能性が高い、また加熱したトマト(トマト缶など)はカサが減っている分、カロリーの割に満足度に欠けます。

この肉を我慢してトマトを選ぶとストレスによってどこかで食べ過ぎてしまい、長期的に見ると太る可能性があります。

 

もしも食べる場合はチーズやマヨネーズなど高カロリーなものと一緒に食べると良いでしょう。